飼い犬の迷子対策

犬を変われる際には、迷子対策についても考えておく必要があります。
自分の飼い犬は迷子にならないと考えるのではなく、最悪のケースも想定して物事は考えておくに越したことはありません。
飼い犬が迷子になる原因としては、ノーリードでの散歩、首輪が外れる、盗難、家の隙間、ドアを開けた瞬間などが挙げられるでしょう。
それらを未然に防ぐことを意識して生活を送っていくようにしましょう。

飼い犬がもしも迷子になってしまった際に見かけている場合には、すぐにその方向を探すようにしてください。
子犬の場合であれば、それほど行動範囲も広くありません。
中型犬になれば行動範囲は5キロ以上にもなりますが、小型犬であれば1日で行動するのは5キロ圏内が多いです。
逃げた方向を重点的に捜索すると見つかる可能性は高いでしょう。
それでも見つけることが出来なかった場合には、交番や動物病院、動物管理センター、保健所に連絡を入れるようにしてください。

ポスターなどを自作して捜索していくことになりますが、どうしても時間を作ることが出来ないという方はペット探偵に依頼することも考えていきましょう。
ペット探偵に依頼することになると、それなりに料金はかかってきてしまいますが大切な家族を守るために必要な出費です。
何よりも大切なのは、迷子にならないように気をつけることです。
もしも迷子になった場合でも発見した際に、自分の家に連絡が届くように飼い犬に名札などをつけておかなければいけません。



■関連リンク
しつけや世話が楽なトイプードル、飼いやすいチワワなど人気の犬種に関するハンドブックが読める犬の総合支援サービスです → トイプードル

Copyright © 2014 飼い犬が迷子になった時の対応策 All Rights Reserved.